・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
☆☆☆超高額ワイン☆☆☆
○○○食材ショップ○○○
○○○ワイン&チーズショップ○○○
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
- Designed by tickle*tickle -


2009年08月02日

2009.8.1配信

ブルーベリー七変化 一関で料理講習
岩手日報‎
原田さんは地元産の実を使い、ブルーベリーソースを添えた同市室根町産若鶏のローストなどフランス料理のフルコースを作った。 組合員の女性らはプロの技に興味深く見入った。槻山とよ子さん(56)は「家では作る機会の少ない料理。参考にしたい」と熱心に手を動かし ...


「京都美山産天然アユのコンフィ」−フレンチシェフが考案、季節限定提供
烏丸経済新聞‎
烏丸通りのカレー&シャンパーニュのレストラン「プティ・ムッシュー Petit Monsieur」(京都市中京区烏丸通錦小路上る、TEL 075-257-3257)は現在、京都美山産の天然アユのコンフィをアラカルトで提供している。 同店は昨年6月にオープンし、カレーをメーンに提供して ...


クーカル:軽井沢に夏限りのレストランがオープン 地元食材で自慢メニュー /長野
毎日新聞‎
登場するのは東京の銀座などで人気のフランス料理、イタリア料理、日本料理店を構えるシェフ。信州オリジナル食材のプレミアム牛肉、サーモン、黄金シャモ、伝統野菜や果物など地元産品で工夫を重ねたフルコースを味わう「シェフズテーブル」が特徴だ。24日には村井仁 ...


野菜スイーツ「看板」に
読売新聞‎
同大在学中に、料理研究家・内坂芳美氏の下でフランス料理を学ぶ。2006年「ポタジエ」開店。著書に「野菜ごちそうレシピ」(宝島社)「ナチュラル野菜スイーツ」(講談社)など。 東京・中目黒の商店街の一角にある「パティスリー ポタジエ」。 ...


飲食、料理、政治、経済、マネー、放送、出版
Dream News (プレスリリース)
入店前に入店料として1500円を頂戴し、料理のお値段は食べた後にお客様自信に決めていただきお支払いいただくシステムです。 イベント型レストランとして月1〜2回不定期で開催され、記念すべき第1回は、那須の有名リゾート「ホテルエピナール那須」のフレンチ ...


“日本のプチ・パリ”神楽坂で堪能する極上フレンチ
サーチナニュース‎
明治・大正時代に花街として興隆を誇った、東京都新宿区の神楽坂。明治時代には尾崎紅葉・泉鏡花が居を構え、また夏目漱石をはじめ多くの文豪が通ったことでも知られています。 一歩裏通りに足を踏み込めば、日本でもここにしか残っていないと言われる花街特有の路地。 ...


フォンデュと創作フレンチの飲食店−スイス産ワイン100種超そろえる
シンガポール経済新聞‎
チーズフォンデュと創作フレンチをメーンにしたレストランバー「Oenotheque by Wine Universe」(9 Raffles Boulevard, #01-109、TEL 6338-0717)が7月7日、マリーナベイ地区の商業施設「ミレニアウォーク」にオープンした。スイスのワイン醸造業者「Wine Universe」と ...


“フレンチカレー”が今年のキーワード。
ELLE‎
フランス料理の技法を駆使して作る“フレンチカレー”がブームの兆し。丁寧な仕込みが生む奥深い味わいをぜひ体験して! カレー店らしからぬ、黒のコックコート姿の和田直樹シェフは28歳。今春まで「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」でフランス料理を作っていた。 ...


好評予約受付中。アリスダイニング「エアポートビュッフェ」(8月9日開始)
セントレア‎
フランス料理「クイーン・アリス」と日本料理「歌舞伎」の数々の料理が全50種類、ビュッフェスタイルで、心ゆくまでお楽しみ頂けます。目の前に広がる夏の伊勢湾と離発着する飛行機のパノラマを眺めながら、普段では味わえない時間と空間を、よりリーズナブルにご用意 ...


JALクラスJで提供されたフィナンシェ一般販売−神楽坂・ラリアンス
市ヶ谷経済新聞‎
フレンチレストラン「ラリアンス」が、JALクラスJで提供されたフィナンシェの一般販売を開始した。(画像=「ラリアンス」パッケージ) 神楽坂のフレンチレストラン「ラリアンス」(新宿区神楽坂2)は7月より、日本航空国内線「クラスJ」でサービス菓子として提供されてい ...


トゥールダルジャンに夏季限定ピアノバー
IBTimes‎
フレンチレストラン「トゥールダルジャン東京」(東京都千代田区)内のバーで、8月7日から9月12日まで、毎週金・土曜日限定でピアノバー「Jazz in Provence」がオープンする。 プロヴァンスの夕暮れ時、まだ太陽の熱が冷めやらないテラスでの人々の語らいを想わせるよう ...


マナーを学べる!高級フランス料理の“会食レッスン”に行ってみた
ウオーカープラス
「“フランス料理”というと堅苦しいイメージがありますが、どなたにも“リラックスして楽しんでいただく”ことを一番大切にしていますのでマナーなどはそれほど気になさる必要はありません。とは言え女性のエスコートや接待は失敗できませんよね。分からないことがあれば ...


今こそ、ロワールワイン 感じるフランスの「エスプリ」
MSN産経ニュース‎
フランスのロワールワインをもっと広く知ってもらおうと、フランス食品振興会(SOPEXA)が主催する特別試飲セミナーが30日、東京・神宮前のフレンチレストラン「Restaurant−I(レストラン・アイ)」で、メディア関係者を招いて開催された。 ...


ファイティング・シェフ
映画瓦版‎
フランス料理の世界で現在もっとも権威ある国際コンテストとされているのが、2年に1度フランスのリヨンで行われる「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」だ。1970年代にヌーヴェル・キュイジーヌでフランス料理の世界に革命を起こし、今もなお健在でフランス料理界の ...


仏料理最高栄誉の称号 「ディシプル」受章
大分合同新聞‎
大分第一ホテル(大分市)の洋食調理総料理長、吉村治人氏(54)に、フランス料理で最高栄誉の一つとされる、社団法人・日本エスコフィエ協会が認定する称号「ディシプル」が授与された。東京で授与式があり、同協会から認定証が伝達された。吉村氏は「受章に恥じない ...


ふるさとナビ:耳より情報 /東京
毎日新聞
シェフはいずれも、東京の銀座などで人気のフランス料理店などを構える一流。プレミアム牛肉、黄金シャモなど地元産品で工夫したフルコース「シェフズテーブル」が特徴だ。 シェフズテーブルは完全予約制で、すでに予約が殺到した状態。「カフェ・レストラン」で、銀座の ...


【文化の生まれる場所 帝国ホテル開業120年へ】「心地よいもてなし」提供
フジサンケイ ビジネスアイ
帝国ホテルは欧化政策を進める政府の意図を反映し、ドイツ風の建築やフランス料理など西洋文化を多く取り入れた。以来、最先端の西洋文化を取り入るだけでなく、時には日本独特のものにアレンジし、普及させる「文化の生まれる場所」となっている。 ...


【わが社のお宝】帝国ホテルの“舞台裏”(1)初代外相が建築主導
MSN産経ニュース
帝国ホテルは欧化政策を進める政府の意図を反映し、ドイツ風の建築やフランス料理など西洋文化を多く取り入れた。以来、最先端の西洋文化を取り入るだけでなく、時には日本独特のものにアレンジし、普及させる「文化の生まれる場所」となっている。 ...


【わが社のお宝】帝国ホテルの“舞台裏”(2)村上総料理長の味
フジサンケイ ビジネスアイ‎
昭和35年から9年間、NHKの番組「きょうの料理」に出演し、一般家庭にフランス料理を広めたことも村上氏の功績だ。 伝統のメニューを、普通の家庭でも手に入る材料に代え料理したことで、批判を浴びたこともあったという。田中総料理長は「現代の料理を取り込ん ...

posted by フレンチニュース at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124842796

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。